白井ベスパのモンキーブログ!!: 「働くバイク 8耐だよ全員集合!」ド級の楽しさ

check up !

Kyoto Police Kyoto Weather Kinspo Weather Kyoto Miyama Weather

2016/07/03

「働くバイク 8耐だよ全員集合!」ド級の楽しさ

今回のレースは、混成チームでシライモンキーズの8耐スペシャルバージョンです。
まず36号機は「川島、大北、藤本、竹井(悠)」の若手組。
そして37号機「竹井(祥)、南、片井、平野、栩原」のおっさん組。
ちなみに37号機に若手が一人混じってます。
当日に石川が参戦できることとなり、36号機も5人編成か?!
と、思いきやレース前夜。

竹井(祥)さんから電話が入る。
歩いてただけなのに膝がイカレてしまった模様。
これで竹井親子のバトルは又してもお流れになりました。
そして結局イシカーは37号機に決定。
その37号機は練習走行でいきなり電装が怪しい動きを、、、
交換です、バックプレートごとほぼ新品に交換。
モンキーズのメンバーが集まり始めて、ライダーズミーテイング開始。
左嵜ヒロシさんのミニライブもありました。
マシンがコース上に並び始めました。
ついに、いよいよ8時間耐久レースが始まります。
36号機はフジモン、37号機はイシカーが担当。
その後、30分を目安に交代していく作戦です。
他のチームはレギュレーションギリギリの1時間以内交代っぽいです。
ベスパ乗りに体力がないのか、ベスパが体力を奪うのかは定かではない。
参戦クラスは湿式多版で全3台。
完走すれば表彰台です(笑)
しかもうち2台はシライモンキーズという、、、
37号機はトラブル発生。
なぜかリアタイヤのロックナットが1本飛んで緩んでしまいました。
そしてさらに試練は続く、、、、なんとほぼ新品のコイルがパンク!
即コイル交換したのですが、火花がまだ怪しい。
ポイントを調整、、、できない(汗)
調整ネジが完全固着してるし。
それでもなんとか走れるレベルに修正。
ここまで30分ぐらいかかったかなぁ、、、、
エンジンに再び火が入った瞬間、周りのピットからも拍手が!
これぞ8耐!
そして順調に走行していた36号機にも魔の手が忍び寄っていました。
37号機373Rが、36号機ユージを抜いた後「ついてこい!」サインを!
必死で食らいつくユージ。
車間を見ながら走る373R。
しかし間に別のバイクが入ったら差が広がる。
焦るユージ、ついに最終コーナーで転けた。
さすが373Rは抜くのもうまい!と感心してる場合ではなかった。
したたかに肩を打ち付けたユージは反リタイヤ状態に。
走る!と出て行ったけど、あかん感じなのでとどめを刺される前に交代させました。
そして37号機ヒカルは初ベスパながらペースを上げていく。
上げすぎて切り返しでオーバーランしてバリアに激突転倒。
二人とも若いなぁ〜
あーちなみにハイセンも得意のオーバーランでボテ転けしました。
さらにはハイサイドハイセンコーナーで激しくスリップダウンも(笑)
373Rは前の転倒を避けられず、こちらもボテ転け。
VSX、フジモン、Dr.Kは順調に周回を重ねます。
特に早帰りのフジモンとDr.Kは必死で走る(笑)
その頃37号車はイシカーのピットインと同時にエンジンストップ。
ガガーン、焼きついてしまいました。
ここから必死のピット作業が続きます。
どうやらピストンリングが砕け、ピストンにも損傷があるようです。
とにかく砕けたリングを除去してピストンが動くようにしました。
でも圧縮が全然足りない、、、
決死の押しがけでやっとかかった!
でもやっぱり圧縮が足りないのでまたまたコース上でストップ。
あとゴールまで2時間はある、、、苦渋の決断を迫られる。
リタイヤ、、、
なんかする気はサラサラありません。
チェッカーギリギリのタイミングでコースに送り出すことにしました。
さて、36号機は残り3時間近くをVSX&ハイセンでゴールを目指します。
予想より早く天空のサーキットは薄暗くなってきました。
そしてポツポツと雨が、、、そして土砂降り。
ハイセンは土砂降りがよく似合う(笑)
暗闇と雨、8耐にはドラマが訪れるのです。
暗闇の中駆け抜ける働くバイク達。
濡れたコースがヘッドライトに照らされます。
あと5分!
37号機コースイン。
そしてチェッカーフラッグが振られる〜。
その時、37号機はフィニッシュラインを超えることなく生き途絶えてしまいました。
その隣でたたずむ姿は、なんとスガちゃん!
なに仲良く止まってんのよ(笑)
コース上は花火がバンバン打ち上がり(イメージ)パレードランが始まりました。
実際はドラゴン花火でしたが、なんとも感動的な、、、まじ感動モンでした。
そして仲良く止まってしまった2台も最終周だったこともあり完走扱い!
なんと、8耐参加全車完走を果たしました!
さすが働くバイク、強い!
左嵜ヒロシさんの歌声がフィナーレを盛り上げます。
そして結果は
36号機が、300M差で惜しくも2位。
37号機は3位を獲得しました。
いつもながら見事なハンデポイントです(涙)
YB-1、おめでとうございます。
働くバイクとしては全日本級のレース、しかも8時間耐久。
さらにナイトレースと、超盛り沢山の耐久レースはその幕を閉じました。
いやほんと、すごいレースでしたね。
3年かけて開催にこぎつけた主催者の森田さん。
近畿スポーツランド、スタッフの皆さん。
ありがとうございました。
8時間戦った戦友、応援、お疲れ様でした。
コスプレ規定でベスパの参戦許可、嬉しかったです。
こんなレースの主催、その労力、情熱、頭が下がります。
完走が一番怪しいベスパで参戦しながら
全車完走こそが、その気持ちに応えれると言ってはみたものの
その目標が達成できるとは。
これも全員の情熱ですよね!
鈴鹿だけではない、こっちも本物の8時間耐久レースだったのです。
そして、明日も働くバイクは働きます。

前夜に膝を壊し親子対決ならずの祥ちゃん、おにぎりありがとうございました。
フジモン一家はBBQありがとう。下まで焼き鳥ありがとう。
Dr.K一家も応援ありがとう。
伏見からの応援もありがとう。
最後までばたついて忙しくておかまいなしでごめんね。

コスプレ担当は戦隊モノVSX、コックさんユージ、日○○便ハイセンでした。


フォトギャラリーは現在編集中!